漁夫の砦へのアクセス方法やみどころを紹介!

ブダペストはたくさんの観光地がありますが、ツアー旅行でも絶対にいく有名観光地漁夫の砦をご存知でしょうか?漁夫の砦って、名前のインパクトがすごいですよね!今回はそんなブダペストの観光地「漁夫の砦」の名前の由来や、歴史、見どころを写真付きでご紹介します!!

漁夫の砦って?

漁夫の砦はハンガリーの首都、ブダペストのブダ地区にある人気の観光スポットです。

漁夫の砦は実際に中世で使われていた城壁を活用して作られました。

漁夫の砦への行き方

漁夫の砦に行くには、どこのホテルから出発するかにもよりますが地下鉄赤線またはトラムの駅 Batthyány tér から徒歩で行くのがおすすめです。

Batthyány térから漁夫の砦までは徒歩10分なので散歩がてらに気軽に行けましたよ♪

または、ブダ王宮と漁夫の砦は繋がっているエリアなのでまず王宮に行き、そのまま徒歩でアクセスするのもいいと思います!

漁夫の砦の見どころを紹介!

ここからは漁夫の砦の見どころを2016年と2019年に実際に撮影した写真と共にご紹介します!!

漁夫の砦は1階と展望スペースになっている2階の部分があり、2階部分は500Ft(170円ほど)かかりますがその他は無料です!

とんがりぼうしの砦群

漁夫の砦の特徴ともいえる白い塔の砦群は、ネオ・ロマネスク様式で1899年から6年間かけて建築されました。

7つの白い塔は、マジャール族の7つの部族を表したものだそうです!

漁夫の砦ってなんだか変わった名前ですよね。漁夫の砦といわれている由来は、かつてこの城壁を守っていたのが漁師だったからだそうです!

漁夫の砦を設計したのは、シュレク・フリジェシュ。

この方は後ほど紹介するマーチャーシュ教会の再建も設計しています!!

漁夫の砦からペスト地区を眺めよう

ブダ地区の丘に位置する漁夫の砦からは、国会議事堂やペスト地区の美しい景色を眺めることができますよ♪

ブダペストの中でも屈指の絶景ビュースポットです!

展望スポットには観光客がたくさんいました!

観光客がやっているよう見よう見まねでわたしも写真を撮ってもらいました(笑)

みなさんも写真映えするのでぜひ記念に撮ってみてくださいね。

聖イシュトヴァーン騎馬像

漁夫の砦には、ハンガリー王国初代国王の聖イシュトヴァーンの騎馬像もあります。

マーチャーシュ教会

次に紹介するのは、漁夫の砦のそばにあるマーチャーシュ教会です。

13世紀に王宮とともにマーチャーシュ教会が建てられました。もともとはカトリック教会でしたが、トルコ軍の侵略によって一時はモスクに改築になったそうです。その後トルコ軍の撤退とともにまた最初のカトリック教会になった、という歴史があります。

ヨーロッパにはいろんな美しい教会がありますが、外観でいったらマーチャーシュ教会は結構好みの教会でした!

漁夫の砦エリアのかわいいカフェで休憩♪

漁夫の砦エリアには、たくさんのカフェやお土産やさんがあります!!

観光ついでにカフェで休憩しました~♪

ブダペストの夏は暑いので、カフェでの水分補給は大切です。ふらっと立ち寄ったカフェがとてもかわいかったです!!

私はアップルジュース、相方はレモネードを頼みました♪

濃厚でおいしかったです!!

私たちが漁夫の砦エリアで立ち寄ったカフェの名前は Walzer Café 

以下、Walzer Café の地図です!!

漁夫の砦周辺でおみやげ探し

漁夫の砦エリアにはカフェの他にもカロチャ刺繍などのおみやげやさんがたくさんあります!

ブダペストの中心部よりは安く刺繍が手に入りましたよ~!

夜のライトアップされた漁夫の砦

漁夫の砦は昼間は白色が映えて美しいですが、夜もまたライトアップされていて素敵です!!

ブダペストの夜景スポットについてはこちらの記事で詳しく紹介しています!!↓↓

関連記事

ハンガリーの首都、ブダペストといえば夜景が有名ですよね。 でも海外で夜景を見るって、治安やアクセス面で少し心配になりませんか? 今回はブダペストの夜景スポットについて、実際行ってみて分かった情報を写真付きで詳しく紹介します!! [th[…]

漁夫の砦の見どころまとめ

いかがだったでしょうか?漁夫の砦はみどころがたくさんあるのでブダペスト旅行に行くときはぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

ブダペスト観光におすすめの1冊はこちら↓Amazonまたは楽天ボタンから商品ページに飛ぶことができます↓

>